家政婦のミタゾノ⑧最終話感想。

〈広告〉



Pocket

(ネタバレありますので見てない方はご注意を)

前回のお話↓

家政婦のミタゾノ⑦話感想。

最終回はミタゾノが麻琴の家に派遣された話です。

麻琴の家はお金持ちで豪邸だったがそこを貸しに出し家族はキャンピングカーで暮らしていた。

 

その豪邸の土地がそのうち高くなる事を知り、それを目当てに女がやってきた。

麻琴の父が再婚した相手は昔麻琴の家の家政婦として働いていた順子だった…というお話。

最初からミタゾノが縛られたり

麻琴が包丁を持ったりと面白かったです。

ズラがずれてる…と思ったら

そのズラを麻琴にあげちゃうとかΣ(‘◉⌓◉’)(笑)

過去の写真にゾノゾノ星人がいる事から、麻琴の家の崩壊はやはりミタゾノの仕業だったようです。

ミタゾノおそるべしΣ(‘◉⌓◉’)!

8回で終わっちゃうの悲しいですね。

金曜の夜に気楽に観るのに丁度良かったから残念です。

またシーズン3やって欲しいです(*´꒳`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA