ブラックペアン➉話最終回感想。

〈広告〉



Pocket

前回のお話↓

ブラックペアン⑨話感想。

いよいよ最終回!

前回佐伯教授の心臓をカエサルでオペした渡海。

しかしそれは応急処置に過ぎず再手術が必要だった…

今日の渡海語録。

「今はまだ生かしといてやるよ。お前の地獄はまだ先だ。」

「俺を信じろ」

「じゃあな。お前は良い医者になれ」

そしてブラックペアンの謎…

ペアンの置き忘れの医療過誤。渡海はそれを佐伯が渡海の父になすりつけたと思っていた。

でも実際には佐伯は患者を救う為にペアンを入れたままにしたのだった。

一度退院した飯沼さんだったが、容態が悪化し渡海の父が再手術しようとした時にペアンを発見する。

そのペアンの写った写真を黒崎が見てしまい、渡海の父は除籍処分となってしまった…

そういう事だったのかああΣ(‘◉⌓◉’)!

佐伯教授良いやつだったぁぁ!

そして黒崎が1番悪いやつなんじゃないかぁΣ(‘◉⌓◉’)!

 

そして渡海が抜き取ったペアンによって出血が止まらなくなった飯沼さんを佐伯教授はカーボン製のブラックペアンを改めて入れ、閉胸した。

ええぇΣ(‘◉⌓◉’)また入れちゃうの〜⁉︎(笑)

飯沼さん死ぬまでペアン入れられたままなのねΣ(‘◉⌓◉’)!

 

佐伯教授は飯沼さんの手術直後、急変し渡海が再手術し一命を取り留めた…

そして理事長選にも勝ち、あっさり教授の座を退き、渡海は東城大を去っていった。

去っていく必要あったのかな…⁇

教授を助けただけでチャラになりそうなもんだけど…

もっと世良君に色々教えてあげて欲しかったΣ(‘◉⌓◉’)

 

いや〜面白かった!

主要人物のキャラが良い(笑)

他のシリーズも本読んでみようかなと思いました。

 

また面白そうなドラマあれば見たいと思います(*´꒳`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA