家政婦のミタゾノ⑤話感想。

〈広告〉



Pocket

(ネタバレありますので見てない方はご注意を)

前回のお話↓

家政婦のミタゾノ④話感想。

有名デザイナーの森品から依頼を受けて派遣されたミタゾノと麻琴。

森品は先に家政婦として雇われていたデザイナーの弟子の木口の作品を盗作していた。

揉み合ううちに殴ってしまった木口は森品を殺してしまったと思い急いで家を出ようと思うがそこへミタゾノがやって来てしまい…森品を演じてしまう…というお話。

 

今回は佐藤仁美が木口として出演していますが、時折挟まれるライザップネタが面白い(笑)

しかし森品は生きていて…てんやわんやΣ(‘◉⌓◉’)

 

今回はバニラアイスを作りながらトロフィーを壊していくミタゾノΣ(‘◉⌓◉’)

今回もハチャメチャでしたけど、ハッピーエンドで良かったです。

麻琴はお金持ちの家だったみたいですが今は貧乏…この謎もいずれ解けそうです。

 

次回も感想書きたいと思います(*´꒳`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA