新ドラマ、ブラックペアン第①話感想

〈広告〉



Pocket

前回のお話↓

新ドラマ、コウノドリを見てみた感想①

ブラックペアンの①話を録画していてやっと観れたので感想を。

(ネタバレありますので見てない方はご注意を)

ニノがアクの強い役ですねー。普段のニノとのギャップに最初はビックリしました。

でも演技力あるから最後の方には馴染んできました(笑)

神の手を持つと言われる佐伯教授と帝華大学の西崎教授。

2人の日本外科学会の理事長選を巡っての争いが軸にあります。

…なんだか白い巨塔のよう(笑)

ニノが演じる渡海はオペ室の悪魔と呼ばれる天才外科医。

患者が危なくなるとオペ室へやってきてオペを成功させるが、オペを失敗させた執刀医に辞表を書かせ高額な成功報酬を要求する(‘◉⌓◉’)

うーん、ブラックヒーロー(笑)

それを上手く演じていますよね!

 

それから研修医の世良先生。

今時の研修医に少ないアツい奴ですね(笑)

私が現役の看護師だった頃、あんな先生は本当に稀でした。

年々そう思うようになったのは、私も新人から中堅になっていったからでしょうか⁇

だからこそ応援したくなっちゃいます(*´꒳`*)

 

それから佐伯教授のブラックペアンと渡海が見ていたレントゲン写真のペアンは関係あるのでしょうか⁇

あれはこの話の鍵になりそうですが…

 

それから演技が心配だったカトパンも案外役柄が合ったのか不自然さをそれほど感じませんでした。

それにしても治験コーディネーター…あんな美味しいものばかり食べて羨ましすぎる(笑)

転職する時に治験コーディネーターも看護師で出来ますよ、と勧められたのですがこんな役柄してる人は本当に少ないでしょうね(笑)

今後登場人物がどう動いていくか気になります。

 

第2話も感想書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA