この世界の片隅に⑦話感想。

〈広告〉



Pocket

前回のお話↓

この世界の片隅に⑥話感想。

前回時限爆弾が晴美の後ろにあるのをすずが気づいて逃げようとするところで終わりました。

やはり晴美は死んでしまい…(´;Д;`)

すずも右手が無くなってしまいました。

径子がもう、可哀想で(´;Д;`)

すずが悪くないと分かっているけど当たってしまうのも仕方ないですよね。

あんな可愛い子が死んでしまったら…。

 

すずも自分だけ生き残ってしまって抜け殻みたいになってしまいました。

それを励ます幸子の優しさにまた涙(´;Д;`)

 

すずが広島に帰ろうとしていた時、径子の優しさにすずは呉に残る事にしました。

もうね、涙が(´;Д;`)

径子は口は悪いけど、良い人(´;Д;`)

 

そして広島に新型爆弾が落ちたという噂…

すずは広島に行こうとしていますが…

どうなるのでしょう⁇

 

また次回も泣きそう!また感想書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA