ベビーサインを教えた効果

〈広告〉



Pocket

前回のお話↓

ベビーサインを教えた感想

ベビーサインをコツコツと教えて、最初は「おっぱい」を習得。

次は「もっと」「食べる」

そして指差しをして意思疎通。

最新のサインは「うさぎ」

こんな感じで出来るサインは増えてます。

 

我が家ではベビーサインのデメリットは感じないです。

ベビーサインで少し意思疎通出来るから言葉が遅いという事もなく、1歳になったばかりですが「ねんね」と「パパ」が言えます。

私とベビーサインを通して自分の言いたい事が表せる事によってもっと伝えたい!という気持ちがあるように思います。

 

毎日私が櫛で髪をとかす姿を見てやりたいと指をさし自分でやるようにもなりましたΣ(‘◉⌓◉’)

櫛が欲しい時は、櫛の入っている棚を指をさして更に髪をとかすサインを自分で編み出しましたΣ(‘◉⌓◉’)!

最近はベビーサインの本通りのサインじゃなくても私とウェウェちゃんが通じればいいかと気楽に教えています。

ベビーサインの効果か、私の真似を必死にやります(笑)

出来ることもどんどん増えて教えて良かったなと思います。

 

ベビーサインのコツですが、本人の興味がある行動、物に対してそれを行う場面でゆっくりと何度も言いながらやって見せると覚えます。

「おっぱい」なら授乳の前とか「もっと」は食事やおやつの時。

ちなみに「うさぎ」は食事の皿や私のお茶碗に描かれていて指を指して気になっていたので教えたらやるようになりました(笑)

6ヶ月からとか結構早いうちに出来るとありますが、1歳過ぎてからでも出来ると思いますし習得が早いと思います。

興味のある方は教えてみても良いかもしれません( ´ ▽ ` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA