子連れ旅行〈リゾナーレ熱海①事前準備、チェックイン〜お部屋編〉

〈広告〉



Pocket

関連記事

箱根翠松園①https://kokoneko.info/2018/09/14/3097/

リゾナーレ八ヶ岳①https://kokoneko.info/2020/11/13/5952/

今年2月頭に行ったリゾナーレ熱海のレポがまだだったので今更ながら書いていきます。

まず、リゾナーレ熱海は子連れには凄く良いホテルです!オススメ!

逆に子連れじゃ無いと子供がうるさいとか思うかもしれません。

子連れなら赤ちゃんから小学生くらいまでは絶対楽しいと思うので紹介していきたいと思います!

私はリゾナーレ熱海は半年前に予約を入れてアクティビティも同時に予約しておきました。

アクティビティ予約もネットで出来る様になり、人気のアクティビティはすぐに予約で埋まってしまうそうです。

我が家は3歳の息子、11ヶ月の娘なので息子が出来るアクティビティを予約。

焚き火でおやつ体験とツリーハウスティータイムを事前予約しました。

それから貸し出し物品でベビーベッドとベッド柵を部屋につけてもらいました。

借りたいものがある時は数に限りがあるので電話して事前に用意して貰うと便利だと思います。

そして屋内プールがあるので水着を持っていきました。

レンタルもあるので持っていかなくても大丈夫です。

チェックインは15時で何本か駅まで送迎バスが出ています。

私達は15時前に到着する1番早い便に乗りました。

予約制ではないので電車も早めに着くようにしました。

そうしないと乗り切らなくて次のバスを待つ事になります…

チェックインの時間前でも荷物を部屋まで持って行ってもらい、アクティビティやプレイエリアで遊べます。

我が家は疲れたのでソラノビーチというカフェへ。

砂浜をイメージしたカフェでとにかく息子は砂が楽しいらしい(笑)

サンダル履き替えて私達も砂の感触に癒されます。

チェックイン前は混み合うのでサッサと行った方が良い席を取れると思います。

飲み物も頼んで。

チェックイン時間になったので部屋に行きます。

予約したのはビューバススイート。

青を基調にした爽やかなお部屋。

畳もあって子供達が寝た後にのんびりするのに丁度良かったです。

トイレには踏み台と補助便座も用意されていてオムツ用ゴミ箱もベビーベッドの近くにありました。

部屋のお風呂は温泉ではないけれど、娘を大浴場に連れて行くのはちょっと大変なので利用しました。

調乳もしやすい広々キッチン

次回はアクティビティ編です!

リゾナーレ熱海②https://kokoneko.info/2020/07/14/5264/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA