モニタリングPCR検査に参加した感想と結果。

〈広告〉



Pocket

前回のお話

尋常性白斑治療https://kokoneko.info/2021/04/11/7159/

いつものように週末散歩していると、東京駅で内閣官房と東京都が実施しているPCR検査キットを無料で配布していたので参加してみました。

アンケートに回答し、アプリをダウンロード。

そしてアプリの操作を会場のスタッフさんと一緒にやって検査キットをもらいます。

10分ほど並んでアプリ操作して30分くらいで登録、キットを貰うところまで終了しました。

会場で検査キットを郵便局へ持っていく日にちを決めますが、後でアプリから変更も出来ました。

検査当日の16時までに郵便局へ持ち込まないといけないのがネックでしたね。

検査キットはこちら。

良く見る綿棒でグリグリではなく、唾液で検査出来るタイプ。

検査前1時間は水以外の飲食は禁止です。

それからもし陽性になった場合どうなるかも紙に書いてありました。

検査はアプリを立ち上げた状態で開始して、アプリの指示に従って進めていきます。

唾液を入れる量が多くて結構大変でした。

検査薬と混和させて。

付属のパッケージにパッキングしていきます。

バイオハザードマークがっつりの袋にいれて厳重です。

郵便局へ出したら結果は2,3日でアプリに通知されます。

我が家は夫もテレワーク。陰性だろうと思っていたけれど、いざ検査に出すとドキドキ。

もし無症状の陽性だったら・・・

夫はこれから少しずつ出勤する予定だけど勿論出勤停止。

息子の幼稚園も場合によっては休園まで考えられるし、習い事もしているので色々と大変なことになります。

結果は2日後にアプリに出ました。

陰性!

ホッとしました。

今は感染していませんが、また東京は感染者数が増えているのでこれからも気を引き締めて感染しないようにしていきたいと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA