「勝間式超ロジカル料理」を読んでみた感想。

〈広告〉



Pocket

実は明日発売のホットクック新機種を注文していまして数日前からテンション上がっています。

そこで知った勝間和代さん。彼女はホットクック3台持っていてヘビーユーザーだそう。

YouTubeでもレシピ紹介をしていて拝見し参考になったので著書も読んでみることにしました。

勝間さん曰く、洗濯や掃除は機械化されみんな使っているけれど料理に関しては今でも鍋やフライパンを使う人が多い。今は勝手に機械が調理してくれる時代。便利な物を取り入れて時間を作ろう!…という話でした。

私も育児に関して何故か「手間ひまかけて苦労すべき」という気持ちが最初はありました。

出産もそう。促進剤使わず助産院で産むわ!と意気込んでいましたが、夫と妹にリスクの話や私自身の負担を諭され最終的には病院で無痛分娩を選択する事に。

その結果、標準的な体型の私が3900gのビッグベビーを出産出来ました。麻酔無しでは骨盤の開き的にも産めなかったのでは⁇と助産師さんに言われて無痛にして良かったかなぁと思いました。

その後も母乳育児の呪いにかけられて息子を完母で育てました。授乳中は食べても食べてもやつれていき、何もやる気が起きないくらいに疲弊していました。

離乳食も最初はかなりこだわって手作りしましたが、段々と手抜きする事を覚えて楽になっていきました。

この体験から言えるのは「私が楽する事は悪でも罪でも無い」という事。

専業主婦で時間があるのに楽するのはちょっと…と思っていましたが、家事を楽する事で子供たちと向き合う時間が増えるし私の心の余裕は子供を無駄に怒る回数や夫に八つ当たりする回数も減り家庭の平和が保たれ良い事しかない。

そして苦労した分結果が変わるかというと同じか寧ろ良い事の方が多い。

そう思えるようになり独身時代からマークしていたホットクックを購入する事にしたのです。

勝間さんはホットクックとヘルシオのオーブンレンジを駆使してコンロは使っていないそう!

そして調味料はみりん、砂糖を使わず素材の甘みで調理しているらしい!

私も砂糖はほとんど使わない派なんですけど、流石にみりんは使用していて使わなくて良くなると調味料代も浮くしいいなぁと。

料理のレシピも載っておりカレーやシチューは是非作ってみたいです。

市販のルーは添加物や油が気になり始めてから殆ど使えなくなり我が家では殆どカレーとシチューは作りません。

でも実は私は凄く好きだし、楽ですよね。子供たちに安心して食べさせられるものと思うと結局なんでも手作りするのが一番。

勝間さんも本で「人生最大の投資は健康」と言っていてグサっと心に響きました。

添加物の入っていない物を食べる事や食物繊維を取る事、タンパク質等バランスよく摂取していく事の大切さ。

それは分かっているけれど低血圧で寝起きが悪い私にとって朝ご飯からキチンと用意する事が大変…作り置きするにもその隙を与えない手のかかる系乳児がいる事でなかなか困難です。

育ち盛りの子供たちとテレワークで昼食も家で食べる夫の食事を毎食用意するのも苦痛になってきていました。

キチンと用意出来ない自分が嫌…でも1歳5ヶ月の娘がベビーゲート越しに「お母さ〜ん!」と連呼して泣いている日々…息子の時は泣き始めるといちいち対応してその都度火を止めて夕飯を作るのに2時間かかった事もありましたが、今は娘は泣かせたままメイン料理を作るのがやっと…

このカオスからホットクックで脱出出来るかもしれない…

勝間さんのこの本は私がこれから使おうとしているホットクックを使って調理の手間を短縮し家族の健康を保つヒントをくれたと思います。

ホットクックやヘルシオユーザーは勿論の事、家事に追われている主婦の皆さんにも参考になる事があるんじゃないかと思いました。

気になる方は是非読んでみてください。

明日はホットクックレビューを書きたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA