私が無痛分娩にした理由。

〈広告〉



Pocket

1人目を妊娠した時、最初は助産院で産もうと思っていました。

理由は…

学生時代に病院で見学したお産に対するマイナスなイメージ。

産院選びで見つけた聖路加の助産院がとても素敵に見えた。

分娩台に乗って産むのではなく、フリースタイルで産みたい。

助産院のほうが妊婦健診が手厚そう。

促進剤や会陰切開も出来ないので、体に良さそう。

等の色々な理由からでした。

しかし、夫と妹から猛反対され諭され普通の産院に通う事にしました。

何かあった時に医療処置が出来ないのはリスクがあるという事、処置が遅れた事による後遺症が残ったら悔やまれる…と言われ、それもそうかとあっさり気持ちを変えました。

家から近い産院は3箇所候補がありましたが、施設が綺麗で産科に特化した所にしました。

大学病院や総合病院みたいな所だと看護学生や医学部の学生、研修医が健診や出産にぞろぞろ見学に入るのでそれだけは絶対嫌!と思い避けました。

選んだ産院が無痛分娩が出来る産院でしたから、無痛にするかは初期から悩みました。

死亡事故も全国で見れば何例か勿論あります。

でも普通のお産も母子共に死ぬ事リスクはありますよね。

麻酔を使用して、最初に気にしていた促進剤はマストだし、吸引分娩になる事も多いです。

これって赤ちゃんにとって良くないのかな…と。

私の通う産院では無痛分娩が出来る先生がいて、その先生がいれば無痛分娩にしてくれる…というスタンス。

その先生はベテランで凄腕らしい。

なので、未熟な先生がたまたま担当してミスするという事は無いようでした。

麻酔や促進剤も改めて勉強してみたけれど、それほど危険と思わなかったし、

お腹の子がとにかく大きくて前駆陣痛を感じる頃には息苦しいし、お腹が大き過ぎて何をしても安楽にならない…という状況。

この子を経膣分娩で無事に産める気が全くしない…

苦しむだけ苦しんだ後に帝王切開になるパターン…

それから私は痛みに対しての閾値が低いので週数が経つにつれて耐えられるか不安になってきて無痛分娩にする事にしました。

結果、無痛分娩にして良かったです。

助産院だったら多分頭が大き過ぎて会陰がかなり裂けてしまったのではないかと思うし、そもそも無痛じゃ無ければ産めない大きさでした。

生まれた赤ちゃんは3900g。

助産師さんも元々私が体が柔らかいのと麻酔で骨盤が緩んでたからギリギリ産めたと思うと言ってました。

私も本当にギリギリ産めた感がありました。

無痛とは言え痛みが半減したくらいの感覚で、結構痛かったですが…麻酔無しではこの大きさ…痛過ぎて産めなかっただろうな。

出産後、体力の消耗が少ないと言われる無痛分娩ですが出血もそこそこあり貧血になっていて私は消耗していました。

無痛じゃなかったらもっと消耗してたのでしょうが、あれ以上消耗してたら母子同室断るレベル…

私の場合は無痛にして良かったとしか思えないお産でした。

ただ無痛分娩に対してのマイナスイメージが強い人もいるので、出産後無痛分娩だったと話すと「無痛って死亡事故とかあるし凄い危ないんでしょ〜⁇怖くないの〜⁇」なんていう友達もいました。

正直カチンと来ましたが、なるほどこういう考えで無痛分娩を否定してくる人もいるのかと。

なので、無痛分娩を選択したとしても人には「経膣分娩だった」としか言わない方が無難だなと思いました。

やたらと経膣分娩にこだわってそれ以外のお産に対して否定する人や母乳育児にこだわる人なんかがいますが、お母さんと子供が安楽な方法が1番だと思います。

無痛分娩でも母性は湧いてくるし、産院をきちんと選べばそれほど怖い事は無いです。

自分の体質や体力、赤ちゃんの大きさ等考えて無痛がベストな時もあると思いますので参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA