家政婦のミタゾノ⑥話感想。

〈広告〉



Pocket

(ネタバレありますので見てない方はご注意を)

前回のお話↓

家政婦のミタゾノ⑤話感想。

今回は望月ルナという人気占い師の話。

ルナは鳥居みゆきがやっていてハマっています(笑)

所得隠しをしているうわさがあり、国税局の方がやってくるがお金は出て来ず。

裏帳簿もミタゾノの家事テクでシュレッダー出来てルナは一安心。

更にルナの詐欺の噂を追う女性記者に天罰を下した動画で更にルナの人気が出る。

実は女性記者とルナは恋人関係になっていて、わざと国税局の人達に新しく作った銅像の下を探させていた。

おおお〜Σ(‘◉⌓◉’)いつもふざけた事ばかりしてるイメージの鳥居みゆきがとってもセクシーΣ(‘◉⌓◉’)!

今回もミタゾノの怪力で銅像持ち上げたり凄かったですΣ(‘◉⌓◉’)

ミタゾノが所得隠しを暴きルナは昔の「良く当たる占い師」に戻った。

…というお話。

 

ルナのお告げでは、ミタゾノの過去や警告があってこれからどう繋がるのか気になります。

それから、麻琴の実家が4畳半に7人で寝てるくらいの貧乏になった理由も…

次回も感想書きたいと思います(*´꒳`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA