家政婦のミタゾノ③話感想。

〈広告〉



Pocket

(ネタバレありますので見てない方はご注意を!)

前回たまたま見て面白かったので家政婦のミタゾノを今回も見てみました(*´꒳`*)

 

今回のお話は、結婚の許しを貰う為に挨拶に行く三島が自分の持っていたバッグと連続殺人犯のバッグがすり替わってしまった所から始まります。

そのバッグをどうする事も出来ず、持ってきてしまい…ミタゾノにバレてしまうΣ(‘◉⌓◉’)

もうね、この三島さんがいいキャラしてて(笑)

焦ってる演技が上手いし面白い(笑)

自分の結婚前の顔合わせを思い出しました(*´꒳`*)

 

そして、毎回家事のコツをミタゾノがストーリーと絡めて教えてくれるのが主婦的には勉強になります。

ミタゾノがまた独特キャラで何でもお見通しなんです。

そしてド天然の家政婦の麻琴(剛力綾芽)がいい味出してる(笑)

連続殺人犯は逮捕され、三島は疑いが晴れますがお義父さんにコンビニ店員のバイトと官能小説家という事がバレてしまいます。

…が、お義父さんは官能小説が好きで三島の作品の愛読者だったΣ(‘◉⌓◉’)というお話でした。

サクサク進むストーリー展開と個性的で味のあるキャラで飽きずに楽しめます。

次回も楽しみだ〜(*´꒳`*)

また感想書きたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA